審査に通りやすいが金利が高い消費者金融

消費者金融は、消費者の最後の砦です。それほど審査が厳しくないため、比較的利用が容易だからです。ですが、その代わりに金利が高めなのが玉に瑕です。しかし、この金利を下げる方法が無いわけではありません。

ただし、一朝一夕にはいかず、ある程度の期間がかかります。しかし、やっておいて損はないので、頻繁に消費者金融を利用している方には、試して頂きたい方法です。

金利が高いのは信用が低いから

金利が高い理由は、ズバリ信用度が低いからです。場合によっては収入証明書さえ不要な消費者金融は、貸し付けを受けた時点では、利用者のことをあまり信用していません。

その後の利用状況をみて、徐々に信用していくわけです。利用状況とは、借り入れをして必ず期日までに返済することです。利用回数が多ければ多いほど、金額が多ければ多いほど、信用度は上がっていきます。

こちらからのアプローチが必要

消費者金融の初回融資額は、恐らく10~30万円ほどでしょう。頻繁に利用し、半年から1年ほど経ったあと、消費者金融から増枠のご案内が来ます。しかしこれは過去の話です。今では、利用者が自ら増枠の申し込みを行う必要があります。

増枠を認めてもらうには、他社からの借り入れを行わないことが重要です。1社だけを利用して実績を作っていけば、増枠にも応じやすくなるでしょう。職場内で昇進して給与が増えたということがあれば、プラス材料です。

そして、増枠が無事に認められれば、新しい融資枠に応じてより低い金利が適用されることになるのです。