ありがたい総量規制、だが

消費者金融に限らず、銀行を除く借り入れ先には総量規制がかかっています。年収の1/3以下の金額しか貸し付けしてくれないため、借り過ぎを防げるありがたい規制です。

ですが、緊急事態というのはいつでも起こり得ます。一時的でいいから年収の1/3を超えた貸し付けを受けたい。果たして、そんなことは可能なのでしょうか?

残念ながら、例外は無い総量規制

消費者金融から貸し付けを受けるなら、残念ながら総量規制の枠から逃れることは出来ません。収入証明書の提出が不要な少額融資であっても、他社からの借り入れが既にあり、借り入れ総額が100万円を超えると収入証明書を追加で求められます。

ただし、銀行の場合は例外です。銀行は総量規制による貸し付け制限を受けません。ただし、銀行の審査は消費者金融よりも厳しく、すでに借り入れがあると審査に通りにくくなります。

これにも例外はあります。借り換え目的であれば融資可能となるケースです。銀行の借り換えローンであれば、総量規制も受けない上、現在の借り入れ金額にも影響されずに貸し付けが受けられます。

ですが、追加で融資を受けるわけではありません。

返済に行き詰まっているだけなら

返済に行き詰まって総量規制を超えたいのなら、現在の借り入れ先に相談することで解決策が見出だせることがあります。

返済猶予や、返済方法の見直し、別のローンに全額を借り換えるなどの提案をしてくれる場合があります。