消費者金融の憂鬱

貸金業者には銀行、信販会社、消費者金融などがあります。

かつての消費者金融は、過度な取り立て、過度な金利など何かと問題が多く、「サラ金」などと呼ばれて社会問題化していました。巨額のお金を扱うようになっていたため、広告の出稿などを通じて、権力も握っていたためです。法律の不備や「必要悪」という部分もあったため、長らく規制も受けずにいました。

それが一転して規制強化され、貸金業者は多くの規制の前に次々撃沈していきました。上限金利がしっかりと法規制されてしまったためです。いわゆる「グレーゾーン金利」が違法認定されてしまったのです。

金利規制と総量規制

規制が強化されたのは金利だけではありませんでした。過剰な貸し付けを受けて返済が滞る個人が増えたため、貸し付け金額にも上限を設けようということになったのです。これが「総量規制」です。

総量規制とは、1人が借りることの出来る金額を、その人の年収の1/3以内までとするという規制です。1社から借りても、複数社から借りても年収の1/3を超えてはいけないのです。

消費者金融にとっては、貸し付け出来る金額も規制を受けることになりました。その結果、収益率は激減してしまったのです。

消費者金融だけに吹く逆風

そして、この法律の規制を受けるのが、消費者金融や信販会社ということも逆風になりました。なぜか規制対象外となった銀行は、消費者金融の顧客を奪った形になりました。

しかし、借りる人にとって総量規制は、過度の借り入れを阻止する防波堤となったのです。