新しく生まれ変わった消費者金融の上手な利用方法とは?

新しく生まれ変わった消費者金融

消費者金融は、かつて「サラ金」だの「取り立て」だのと悪いイメージが多かったため、今でもそのイメージを引きずる人が多いと思われます。

しかし、貸金業法や利息制限法などによる規制が強化された結果、かつてのグレーゾーン金利は廃止され、総量規制による過度の貸し付けの心配もなくなりました。厳しい取り立てはとっくの昔に禁止されています。

借り入れ債権を他の業者に売りわたす「飛ばし」なども禁止されているので、利用にあたって心配事はほとんど無い状況です。一番の心配は、自分の借りすぎ使い過ぎではないかと思われます。

ですが、法律の範囲内とはいえ貸金業者の中では一番高い金利を課しますし、悪い先入観を持つ人に利用を知られたらと思うと利用には二の足を踏むかも知れません。

利用を他人に知られることはまずない

消費者金融の契約は、インターネットから行えます。少額であれば収入証明さえ不要です。実際に借り入れを行うときは、コンビニなどのATMに行き、カードで利用します。傍目には、キャッシュカードを使っているのと同じです。

利用明細を自宅に郵送することさえ停止出来ます。他人に利用を知られることはほとんどないと言ってよいでしょう。

借りっぱなしにしない

消費者金融を上手に使うコツは、借りっぱなしにしないことです。借り入れ期間中はずっと金利がかかるので、必要な時に最小限の金額を借りて、収入が入ったら何より先に返済します。そうすることで、金利負担を減らすことが出来ます。

繰り上げ返済する

消費者金融は、コンビニATMで繰り上げ返済が出来ます。請求日がくるまで借りたままにするのではなく、手元にお金があれば繰り上げ返済してしまいます。1日でも借り入れ期間を短くすれば、金利負担を極限まで減らせます。



このページの先頭へ