審査を通過しやすい消費者金融の落とし穴を飛び越える!

世の中にある「お金を貸してくれるサービス」の利用方法には、今すぐ借りるというものと、いつか借りるために用意しておくものと2パターンあると言えます。

いずれのサービスでも、最終的にお金を借りるという目的に違いはないのですが、金融機関側の審査に対するスタンスが違います。結果として、審査に通過しやすいかしにくいかといった違いとなって現れます。今すぐ借りたい人向けのサービスでは、とにかく早く審査するのに対して、いつか借りれればいいやという人向けのサービスでは、しっかり審査する特徴があります。

その中でも、すぐに借りたい人向けのサービスが消費者金融と言えるでしょう。審査時間は非常に早く、審査に通過しやすいのが特徴です。

審査に通過しやすい消費者金融のおすすめランキングはこちらです。

金利が4.7% →3.0% にDown!、限度額が500万 →800万にUp!

融資まで最短1時間!30日間金利ゼロ!クレジットカード一体型!
  • 最短1時間融資が可能!(※1)
  • 30日間金利ゼロ円サービスで今だけ借りたい人にも評判!
  • クレジットカード一体型も発行可!借りずに直接ショッピングできる!
  • 楽天銀行口座を持っていれば、24時間振込融資が可能!(※3)
  • パート、アルバイトもOK(※2)
  • 実質年率 3.0% ~ 18.0% は比較的低金利!
  • 限度額は最高 800万円!
※1 審査完了後、運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)を平日14:00までにFAX送信(FAXでご契約の場合も必要書類を平日14:00までにFAX送信)し、アコムがそれを確認した場合。また、お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。
※2 一定の収入があれば審査のうえ融資可能。
※3 アコム又は楽天銀行のメンテナンス時間を除く。
キャッシング 08 125*125
最短1時間融資も可能!「瞬フリ」で24時間振込融資!
  • 最短1時間融資も可能!振込み融資可能(※1)
  • 「瞬フリ」なら24時間振込融資(※3)!
  • WEB申込後に自動契約機に行けば自宅に郵送物が届かない
  • カード発行無しも対応可能
  • 30日間無利息サービス(※2)
  • 3秒診断で借り入れ可能かスグに分かる
  • 女性専用窓口は プロミスレディース
  • 実質年率 4.5%~17.8%、限度額最高 500万円
※1 平日の14時までにWEB契約完了が必要。又はWEB申込後に自動契約機に行けば14時以降や土日祝日でもすぐ借りられる。
※2 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
※3 三井住友銀行かジャパンネット銀行口座をお持ちで22時までに契約完了すれば
電話連絡、郵送物なしで家族にバレません!10秒簡易審査!
  • PCからWEB完結申込なら電話連絡、郵送物、ローンカード発行なし!(※1)家族にもバレません!
  • 10秒簡易審査 ~ 簡単な入力で融資可能かすぐに分かる!
  • 消費者金融の中では金利が低い 年利 3.0~18.0%!
  • 消費者金融の中では限度額が高い 最大800万円!
  • 当日融資も可能(※2)
  • 電子領収書サービスでプライバシーも安心。領収書や利用明細書をネットでダウンロードすることもできる。
  • パート・アルバイト・主婦でも安定した収入があれば借り入れ可能
※1 WEB完結申込の利用には三井住友銀行又は三菱東京UFJ銀行に自分名義の普通預金口座を持っていて且つ社会保険証(又は組合保険証)を持っていることが条件です。また、審査で確認が必要と判断した場合は電話連絡があります。
※2 当日振込には、14:50までの振込手続完了が必要です。ただし、審査結果によっては希望に沿えないこともあります。

これ以外のお薦めカードローン一覧はこちら

金融サービスの中で、審査に最も通過しやすいと言えるのが消費者金融です。クレジットカードも比較的通過しやすいと言えますが、学生やパートやアルバイトなどは、一般的にはNGです。ただ、そうした利用者が通過しやすいように利用者特化型サービスも一部にはあります。

消費者金融は、他の金融機関では融資が難しい人向けにサービスを提供していると言ってもいいでしょう。学生はもちろんのこと、パートやアルバイトでも審査には通過しやすい特徴があり、カード発行が可能になっています。

消費者金融の審査で見られるポイントは、本人であるかどうかと、他社契約状況です。特に、総量規制の対象である消費者金融にとっては、他社との融資枠合算が借り入れしたい人の年収の1/3を超えると違法になってしまうので、他社からいくら融資を受けているのかについてはしっかりチェックされます。

かなり通過しやすいにもかかわらず、消費者金融も審査の結果、融資お断りということはあります。それはどのようなケースなのでしょうか。

ひとつは、申し込み時点で他社借り入れがある場合。融資=他社への返済ということなので、さすがに返済見込みが薄く、融資をお断りされてしまいやすいのです。総量規制に引っかからなくてもお断りされることがあります。但し、他社借り入れがあれば100%審査に通らないというわけではありません。

もうひとつは、融資焦げ付きが過去にある場合。返済意思が弱いということで、例え収入が増えても返済してくれるか不透明なため、消費者金融であっても融資しづらいということになります。このケースは心を入れ替えて着実に返済実績を積み上げていくしかありません。

いくら消費者金融は審査に通過しやすいからとは言え、最低限こうしたことには気を配っておきたいところです。

お薦めのカードローン一覧


サブコンテンツ

このページの先頭へ